住宅ローンの審査でポイントとなる個人信用情報とは

住宅ローンの審査では、個人信用情報がとても重要になります。その理由は、銀行は個人信用情報に対してとても厳しいことや、低金利かつ高額なローンなので、金融機関側の貸し倒れのリスクが大きく、厳しい審査がなされることが関係しています。個人信用情報で重要になるのは、過去の返済履歴です。過去に一度もクレジットカードやローンを利用したことがない人は、この情報が真っ白になっています。これをスーパーホワイトと呼ぶことがあります。スーパーホワイトな人は、審査で不利になる要素はありませんが、プラスになる要素もないので、結局は不利になってしまうこともあります。審査で有利になるのは、過去にクレジットカードもローンも利用したことがあって、延滞などをせずに良好なクレジットヒストリーを築いてきている人です。一方、審査で大きく不利になってしまうのが、過去に延滞をしている人です。延滞を3ヶ月以上続けたり、債務整理をしているとブラック情報が記録されています。ブラックの人では住宅ローンの審査では話になりません。延滞を何回も繰り返している人も同様です。たった一回や二回の延滞記録があるだけならば可能性はありますが、それでもかなり不利になってしまいます。ブラック情報や、延滞情報が記録されても、一定の期間が経過すればその情報は消えるので、住宅ローンの審査に申し込みをするときには個人信用情報がホワイトな状態にしておきましょう。マイホームの購入の5年前からは、個人信用情報に気をつかいながら生活をする必要があります。

個人信用情報に延滞の記録はどのくらい残る?

個人信用情報機関には、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあります。延滞の記録が残る期間については、それぞれの期間によって扱いが異なります。CICでは、毎月の支払い状況が24か月分保存されています。そのため、例えばクレジットカードの支払いでほんの数日期日に遅れてしまった場合でも、延滞の記録が残ってしまいます。その後24カ月間健全な支払いを続ければ不利な記録も押し出して消すことができますが、24ヶ月が経過するまでにローンを完済して契約が終了してしまった場合には、完済してからおよそ5年間記録が残ることになります。JICCとKSCでは、支払いで滞納をしてもそれが3ヶ月を超えなければ登録されません。CIC、JICC、KSCいずれの個人信用情報機関でも、延滞が3ヶ月続いた場合には金融事故となり、事故情報が記載されます。この場合、CICとKSCでは借金を完済した時点からおよそ5年間記録が残ります(JICCでは1年間です)。借金を完済できなければいつまでも記録が残るので、いつまでも借金を完済できない状態が続くよりは債務整理をしてしまったほうがメリットがあるケースもあります。個人信用情報機関には、情報が残る期間を「契約期間中および契約終了日から5年を超えない期間」などと記載されています。「5年を超えない期間」という表記がされているのは、その期間が経過するよりも前に情報が消えることもあるからです。気になる人は、個人信用情報機関に情報開示請求をしてみるといいでしょう。自己破産をして免責を受けたのに、裁判所から金融機関に通知がいかずにいつまでも事故情報が残る続けるというケースもあるようなので、期間が経過しているのに審査に通らずおかしいなと思ったら、その場合にも情報開示請求をしてみましょう。

個人信用情報機関はどんなところか

個人信用情報機関は、個人の信用情報を提供する機関です。信用情報とは、簡単にいえば、個人の支払い能力に関する情報のことです。その内容は、氏名、住所、生年月日のほか、職業や収入、借入額、返済状況などです。個人信用情報機関には、3種類あります。まずは、クレジットカード会社系のCICです。クレジット会社の共同出資により設立された機関です。次に、消費者金融系のJICC(日本信用情報機構)。最後に、銀行系のKSC(全国銀行個人信用情報センター)です。いずれも国の指定機関です。3つの個人信用機関は、お互い情報を交流することができます。これらの個人信用情報機関は、提携している消費者金融や銀行等の金融機関から個人の信用情報を収集します。そして、金融機関から問い合わせがあれば、収集した信用情報を提供しています。個人信用情報には、その人の借金額や借入件数、返済状況が記録されています。金融機関は信用情報機関を通して、申込者の信用情報を把握します。信用情報の内容如何で、新規の融資が認められるかどうかが決まります。申込者が過去に延滞を繰り返していたり、自己破産や任意整理をしてから一定の期間を経過していない場合には、融資は認められないでしょう。自分の信用情報を知りたい場合には、個人信用情報機関に開示請求すれば知ることができます。開示請求は、来社や郵送、インターネットで行ないます。いずれの方法でも手数料がかかります。http://www.annaroser.com/などにも個人信用機関についての説明があるので参考になりますね。(プロミスの審査に通る秘訣といった内容の説明をしているサイトです)

金融機関で審査に使用される個人信用情報とは

普段生活をしていると、あまり聞き慣れないのが個人信用情報という言葉です。この個人信用情報とは、ローンなどの借入契約時に審査がありそのときに利用されるものです。その情報として記されているのは、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先など基本的個人情報に加え、ローンの借入状況や返済情報が記載されています。金融機関は、この情報を元に審査を行います。また、個人信用情報とは借入や返済だけでなく、その際の滞納や延滞、解約、代位弁済、強制回収手続など事細かく記載がされています。そのために、普段何気なく支払いを忘れた携帯電話の料金の延滞も記載されます。つまり個人信用情報とは、その人のお金に関する情報が全て記載されるものです。そして、この個人信用情報には自己破産や任意整理をした場合にはマイナス物件として記載がされます。このために、債務整理をした場合はクレジットカードやローンができなくなるのです。通常このマイナスとしての記載は、5年くらいで消されるとされていますが真相はわかりません。銀行などの場合には、半永久的に削除がされないと言われています。この個人信用情報は、一般にも開示をしています。自分の個人信用情報がどのようになっているのか確認をすることは可能です。現在では、全国銀行個人信用情報センター という機関など3社があります。ネットなどから、問い合わせることができます。クレジットカードなどの審査が通らないと考えるなら一度確認をすると安心です。

個人信用情報を開示する方法とそのメリット

個人信用情報には、過去のクレジットカードやローンの利用履歴が残っています。金融機関でクレジットカードやローンの審査に申し込みをすると、必ずこの個人信用情報が照会され、過去に延滞などの記録があると審査に通らない原因になります。住宅ローンのような人生を左右するローンへの申し込みの前には、念のために個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に情報開示請求をしておくことをお勧めします。また、心当たりがないのにクレジットカードやローンの審査にぜんぜん通らないといった場合にも、チェックしてみるといいでしょう。携帯料金の延滞や奨学金の滞納など、意外な理由で信用情報に傷がついているケースもあります。情報開示請求の方法は、各個人信用情報機関によって異なっています。KSCでは郵送による開示にしか対応していませんが、CICとJICCではインターネット、携帯電話など複数の方法に対応しています。いずれの場合も、1000円程度の手数料がかかります。個人信用情報は重要な個人情報ですので、本人確認書類が必要になります。ホームページなどで必要書類をよく確認しておきましょう。任意整理や自己破産などの債務整理をしてから5年もしくは10年以上が経過しているのに、まだ金融機関の審査に通らないといった場合も、信用情報を確認してみることをお勧めします。自己破産をした場合など、免責が下りたという通知が裁判所から金融機関へ行かずに、いつまでも延滞が続いている状態になっているケースもあります。事実と異なる記載がされている場合には訂正を求めることができます。